ブルーメソッド

PCガジェット、ゲーム、アニメ、イベント、クレジットカード等好きなものがテーマのブログです

ブルーメソッド

コミケ、ガジェット、決済について好き放題書いてます

記憶域プールで快適大容量生活 パリティ最強説

皆々様におかれましてはPCに秘蔵のファイルを多数所有されている方も多いと存じますが複数のハードディスクを持っている方はどうやって管理されていますか?

PC自作に馴染みがない方だと外付けHDDを使っていると思います。

外付けHDD1台とってもUSBケーブルと電源の最低2本が必要。

そんな外付けHDDを増設していくとどんどん無駄な配線が増えて管理が鬱になるのでおすすめできません。

f:id:j_ktwr:20170317191142p:plain

 

タワー型PCであれば内部のマザーボードに空きコネクタあることが多いのでPCの中に内蔵しちゃいましょう。(外付けHDDでも今回のテーマである記憶域プールへの組み込みは可能です)

現在一体型PCをご利用の方も、買い替える場合は後からパーツの追加ができるタワー型PCの購入がおすすめです。



2台目を買い足してそれにフォルダを分散させて使っている方もいると思いますがそれだとどのHDDに保存したのかわからなくなることもあり整理の手間があります。

できることならばらばらな宅地をいくつも買うより初めから大豪邸を建てられる土地を買っておいて将来的に資産が増えても増改築すれば大丈夫な移動の手間のない手段を講じておきたいものです。

そんな利便性を実現できる記憶域プールという機能がWindows8から追加されています。

個人的にはWin8で一番大きな進歩なのではと考えています。

 

記憶域プールとは?

f:id:j_ktwr:20170317204131p:plainf:id:j_ktwr:20170317204131p:plainf:id:j_ktwr:20170317204131p:plain

 

 

ざっくり言うと複数台のHDDを仮想的に1台のHDD1台とみなして管理しやすくする仕組みです。

初めに所有しているHDDのみでプールを作っておいて、HDDを買い足したときにそのプールにHDDを追加することができます。

メリットとしては、

  1. 買い足し後丸一日を要するTB単位のデータ移動が不要
  2. 保存場所がバラけないのでデータが整理しやすい
  3. 容量の大小にかかわらず複数のHDD容量を無駄なく利用可能
  4. Windows10以降なら使用容量を各HDDに平均化することが可能で過労死が防止できる
  5. 回復性の設定が可能

などです。

複数台に同じ内容を書き込む設定の場合は書き込み速度が遅くなるというデメリットはありますが、アクセス速度が必要なOSデータはSSDに保存するのが当たり前になっていますし、実利用上困ることはあまりなさそうです。

 

回復性の設定が可能!

複数台のHDDを所有すると掛け算式に壊れやすさが上がっていくわけですが記憶域プールにすることにより全部一気に壊れない限りはある程度カバーができるような設定が可能です。

複数台を使って冗長性(壊れても大丈夫な仕組み)を確保する方法はハードウェアRAIDが有名ですが、それには専用の機械が必要です。

ハードウェアRAIDは機械が壊れたら面倒だしお金がかかります。

この記憶域はそれをソフトウェア上で実現できてしまうのでお手軽です。

構成ファイルがHDDに直接保存されているのでPCが壊れても他のWindowsPCに繋げば復活するのも良いところですね。

 

おすすめの設定

回復性には種類があります。

  1. シンプル(回復性なし) ただ単に1つのHDDとみなすだけで回復性なし
  2. 双方向ミラー 同じ内容を2つ保存 使用可能は1/2 1台壊れてもOK
  3. 3方向ミラー 同じ内容を3つ保存 使用可能は1/3 2台壊れてもOK 5台必要
  4. パリティ 1/3を他のドライブの修復用として保存 使用可能は2/3 1台壊れてもOK 3台必要

おすすめは何と言ってもパリティです。

1台が壊れたとしても残りの2台で復旧ができ、保存容量も2/3にしか減りません。

私も5年ほどこのパリティで運用しており、2回ほどHDDが故障しましたが、故障してもファイルには問題なくアクセスでき、すぐにハードディスクを入れ替えるだけでパリティ構成も復活させることができました。

もともと3TB×3台のパリティ構成でしたが、技術の進歩で4TBが安くなり、徐々に4TBのHDDを増やしていき2台故障した段階で全てを4TBに入れ替えました!

このように、もともとの容量より大きいHDDが出てきたときにシームレスに移行できるのも良いところです。

ただ、ここ最近HDDの大容量化が進み、TBあたりの単価が一番安いハードディスクが6TBのものになっています。

2022年現在私と同じような4TB×3台で8GBのパリティを組む場合安いHDDでも27000円ほど必要になります。

これを6TB2台での双方向ミラーにすると容量は減りますが24000円で組むことができるため、人によってはこちらを選択しても良いかもしれません。

後から双方向ミラー→パリティのような変更はできないため、後のことも考えるのであればやはりパリティがおすすめとなります。

 

作成

蛇足ですが、記憶域を作成する際は後から容量を変更することはできないので記憶域に設定可能な最大容量である63TBでの作成がおすすめです。

このままだと63TBと表示されてしまい残りどれくらい保存可能なのかが把握しづらいのでボリュームサイズをHDDのサイズと同じにしておくのがベスト。

MB単位での設定になるので2.72TBのHDDなら「1024×1024×2.72=2852126MB」で設定するとぴったりになりますよ。

 

au/UQ mobileのeSIM変更手続きが難解すぎるので解説

au/UQmobileのeSIMの申し込み方法が難解で、ショップ店員でも難しいので解説します。

手続きが正常な手順を踏んでいないと、ショップに行くように案内されます。

ショップで申し込むと2200円の手数料を取られてしまいます。

ここに書いてある手順通りやってもらえれば間違いなく発行できますので是非お試しください!

 


参考:公式の手順

eSIM開通手続き | スマートフォン・携帯電話をご利用の方 | au

 


条件

・受付時間9時〜21時

・eSIMに対応した端末であること

・利用する端末がWi-Fiに接続した状態であること

au/UQの契約時に設定した4桁の暗証番号がわかること

 

 

 

①eSIM申し込み

 


au eSIM再発行

https://my.au.com/rd/esim_saihakko

 


au/UQ共通です。

Googleで検索してもどこから申し込むか出てこないのが鬼門です。

eSIMの申し込みという名前では無く、初めてeSIMを申し込む人でも再発行扱いになります。

なお、4G→5G等回線切り替えを伴う変更はオンラインではできませんのでご注意ください。

eSIMの申し込みが完了した後申込書番号と電話番号を使って回線切り替えするので申込書番号はコピペしておいてください。

 


②回線切り替え

回線切り替え受付フォーム | KDDI株式会社

ここがとても難解なところです。

携帯に詳しいと、SIMダウンロード→回線切り替えと思いがちですがauはプロファイルのダウンロード前に回線切り替えが必要です。

 

 

 

②eSIMプロファイルダウンロード

回線切り替えが完了したら晴れてプロファイルがダウンロードできます。

Wi-Fiに接続している状態でMy au/UQポータルアプリまたは、こちらのサイトからダウンロードできます。

https://my.au.com/rd/esim_dl

 


エラーで失敗する場合があり、その場合はもう一度同じところから申し込むことで成功します。

何のエラーなのか教えてくれないので手順を間違えたのかと勘違いしてしまいますが問題ありません。

 


③他社のプロファイルの削除

MVNOなどの以前利用していたSIMカードの構成プロファイルが入っているとうまく動かない場合があります。

入れている場合は設定→一般→プロファイルから削除してください。

 


④発信テスト

繋がるかどうか確認してください。

111に発信すると無料で通じるかどうか確認できます。

念のためWi-FiをオフにしてSafari等でデータ通信できるかどうかもチェックしてください。

 

 

 

****

eSIM再発行

https://my.au.com/rd/esim_saihakko

 


eSIM対応機種

https://www.au.com/mobile/product/sim/devices/?tab_id=eSIM_models

 


eSIM新規契約(新しく発番or他社からの乗り換え)

https://www.au.com/mobile/product/sim/select/

 


au online shopのeSIM新規契約

https://onlineshop.au.com/disp/CSfLastGoodsPage_001.jsp?GOODS_NO=9897&dispNo=001021

 


UQ mobileのeSIM新規契約

https://shop.uqmobile.jp/detail/6/

ASUSルータ RT-AX3000などでV6プラスが利用できない不具合の解消方法

解決に3日時間を要しました。

同じ事象に遭遇した人のために解決方法をまとめておきます。

RT-AX3000以外にも、TUF-AX3000や、RT-AX82Uも同様の不具合が出ているようです。

前提

ネットワークに詳しい方は読み飛ばしてください。

iPv4という旧規格と、iPv6という新規格があります。

前者のアドレスが枯渇したことにより実質無限にアドレスが作れる新たな接続方法としてiPv6が生まれました。

iPv6は簡単にいうとスッゲーはえーインターネットです。

いま現状販売されているルーターはほとんどがどちらの接続方法にも対応しています。

ただし、Googleなどの一部のサイト以外は7割ほどが未だにiPv4接続のままです。

iPv4接続は昔のインターネットそのもののため、そのままでは接続機器が増えてしまった現代では遅くなってしまいます。

そこで、"iPv4 over iPv6"という技術が生まれました。

これを利用すれば、iPv4接続のサイトも、iPv6を通して高速化することができます。

iPv6接続対応!と謳っているメーカーやサイトなどもありますが、実際にはiPv4iPv6に通すというのが正確な表現になります。

この"iPv4 over iPv6"は各社によって名称がことなり、V6プラス、DS-Liteなど様々な呼ばれ方をしているのが混乱のもとになっているような気がします。

今回のテーマであるASUSルーターはV6プラス方式によるiPv4 over iPv6のみの対応なので他の方式では接続ができず、低速のパススルー接続になってしまうためご注意ください。

経緯

NURO光からドコモ光プロバイダGMOBBに切り替えをした。

もともと7年前から使っていたASUSルーターRT-AC68Uを使用していたが、PPPoE接続(V6プラスじゃない接続方法)だと混雑時間帯にiPv4接続が低速になる問題があり、V6プラスに対応したルーターに買い換える必要があった。

ASUSルーターはもともとV6プラスには対応していなかったが、この度2021年9月にアップデートでV6プラスに対応。

その情報を知り、買い替えた。

いざ設置しGMOのマイページからV6プラスの申請をし、翌日に開通した。

 

までは良かったのですが…

 

YoutubeなどのGoogle系サービスはつながるのにその他のサイトにはつながらない!

 

他にもhttps://fast.com/ja/など一部つながるサイトはありました。

どうやら、IPv6での接続はできるけれどIPv4のサイトには接続できないようでした。

多くのサイトは未だにIPv4接続なのでこれではまともに使えません。

ルーターの再起動、初期化、ONUの電源を切って30分放置、フレッツ光の接続ツール、などいろいろ試し、ネットでも同様の事象が無いか解決策を探しましたが有効な情報は見つかりませんでした。

 

解決策

価格comのクチコミでファームウェアのダウングレードをしたあとに接続したら繋がったという情報が見つかり藁にもすがる思いで試したらなんと繋がりました!

 

流れとしては

 

ファームウェアを3.0.0.4.386.45898にダウングレード 

https://www.asus.com/jp/Networking-IoT-Servers/WiFi-Routers/ASUS-WiFi-Routers/RT-AX3000/HelpDesk_Download/

本体のリセットボタンを10秒長押しして初期化

直リンクで設定ホームに飛ぶか、IPoE設定を仮でしてPPPoE設定をすっ飛ばしてV6プラスに設定

 

この手順です。

最後の工程でISPDHCPは正常に動作しないと出てもそのまましばらく待てば繋がります。

ダウングレードしたファームウェアはすぐに最新版にアップデートして問題ありません。

3.0.0.4.386.47029でv6プラスに関する不具合が改善されているそうなのでぜひ更新しておきましょう。

 

 

同じ症状が出ている方がいたら一助になれば幸いです。

この手順で解決できた方、解決できなかった方がいたらTwitterかこのブログのコメント欄にご連絡ください。

また、ASUSのサポートにお問い合わせで不具合報告もしていただけると助かります。

V6プラスベータ対応からかなり期間が経っていますが未だに改善が無いのは困ります…

 

 

現在の接続がiPv6iPv4か確認できるサイト

http://v6v4.net/

 

iPv6接続で実測値に近い速度測定ができるサイト

インターネット回線の速度テスト | Fast.com