ブルーメソッド

PCガジェット、ゲーム、アニメ、イベント、クレジットカード等好きなものについて書きます。

HDD複数台使いならPCの容量管理は記憶域プールがおすすめ

皆々様におかれましてはPCに秘蔵のファイルを多数所有されている方が多いと存じますが複数のハードディスクを持っている方はどうやって管理されていますか?

PC自作に馴染みがない方だと外付けHDDを使っている方もいるかもですが外付けHDD1台とってもUSBケーブルと電源の最低2本が必要。

無駄なケーブル配線が増えて管理が鬱になるのでとてもじゃないけどおすすめできません。

f:id:j_ktwr:20170317191142p:plain

 

タワー型PCであれば内部のマザーボードに空きコネクタあることが多いのでPCの中に内蔵しちゃいましょう。(外付けHDDでも今回のテーマである記憶域プールへの組み込みが可能です)

今は一体型PCの方も、後からパーツの追加ができるタワー型PCの購入がおすすめです。

 

2台目を買い足してそれにフォルダを分散させて使っている方もいると思いますがそれだとどのHDDに保存したのかわからなくなることもあり整理の手間があります。

できることならばらばらな宅地をいくつも買うより初めから大豪邸を建てられる土地を買っておいて将来的に資産が増えても増改築すれば大丈夫な移動の手間のない手段を講じておきたいものです。

そんな利便性を実現できる記憶域プールという機能がWindows8から追加されています。

Win8で一番大きな進歩なのではと前々から思っていました。

 

記憶域プールとは?

f:id:j_ktwr:20170317204131p:plainf:id:j_ktwr:20170317204131p:plainf:id:j_ktwr:20170317204131p:plain

 

 

ざっくり言うと複数台のHDDを仮想的に1台のHDD1台とみなして管理しやすくする仕組みです。

初めに所有しているHDDのみでプールを作っておいて、HDDを買い足したときにそのプールにHDDを追加することができます。

メリットとしては、

  1. 買い足し後丸一日を要するTB単位のデータ移動が不要
  2. 保存場所がバラけないのでデータが整理しやすい
  3. 容量の大小にかかわらず複数のHDD容量を無駄なく利用可能
  4. Windows10以降なら使用容量を各HDDに平均化することが可能で過労死が防止できる

などです。

お金が無限にあるなら迷わず最大用量のHDDを買うのですが使えるお金は有限。

もう数年したら逆転してそうではありますが2017年現状、3TBHDDが一番容量辺りの単価が安いので都度買い足していくやり方が賢いです。

f:id:j_ktwr:20170317185949p:plain

 

回復性の設定が可能!

複数台のHDDを所有すると掛け算式に壊れやすさが上がっていくわけですが記憶域プールにすることにより全部一気に壊れない限りはある程度カバーができるようになっています。

複数台使って冗長性を確保する方法はRAIDが有名ですが、RAIDには専用の機械が必要です。

ハードウェアRAIDは機械が壊れたら面倒だしお金がかかります。

それをソフトウェア上で実現できてしまうのでお手軽です。

構成ファイルがHDDに直接保存されているのでPCが壊れても他のWindowsPCに繋げば復活するのも良いところですね。

で、この回復性には種類があります。

  1. シンプル(回復性なし) ただ単に1つのHDDとみなすだけで回復性なし
  2. 双方向ミラー 同じ内容を2つ保存 使用可能は1/2 1台壊れてもOK
  3. 3方向ミラー 同じ内容を3つ保存 使用可能は1/3 2台壊れてもOK 5台必要
  4. パリティ 修復用データを1台に保存 使用可能は2/3 1台壊れてもOK 3台必要

何を優先したいかは人によって変わると思います。

自分は2台しか記憶域プールに入れていないので壊れることはしばらく無いだろうと楽観視して今は回復性なしで使っています。

コスパが良いのは4ですが、計算して書き込むのでデータの書き込みが遅くなってしまう難点があります。

HDDの単価自体は安くなってきているのでそのうち双方向性ミラーに切り替えようと思っています。

 

おすすめの設定

後から記憶域の容量自体を変更することはできないので記憶域に設定可能な一番最大容量である63TBでの作成がおすすめです。

このままだと63TBと表示されてしまい残りどれくらい保存可能なのかが把握しづらいのでボリュームサイズをHDDのサイズと同じにしておくのがベスト。

MB単位での設定になるので2.72TBのHDDなら「1024×1024×2.72=2852126MB」で設定するとぴったりになりますよ。

【神ライブ】「KING SUPER LIVE 2017 TRINITY」参加してきました!

f:id:j_ktwr:20170307013742j:image

2015年6月20日・21日に「KING SUPER LIVE2015」というライブがありました。

当時金銭的な事情から参加しようか迷っていたのですが20日に「最高だった」という噂を耳にし、いてもたってもいられず当日参戦を決めました。

その日は同人誌即売会のとら祭りもあったのによくやったなと自分でも思いますw

キングレコードのすごい人が全員集結した凄まじいライブで、今まで体感したどのライブより楽しかったライブでした。

今後あれ以上のライブはあるのだろうか…と思ってしまうような最高のライブで、是非このライブをまたやってほしいと思い続けていました。

2年越しである今年2017年3月5日、ついにその伝説の名を冠したライブを再びやると聞いて思わず高まって叫んだりしてました。

本音を言うと前回のような豪華なライブをもう一度…!やって欲しかったのですが唯ちゃんはもちろん他の2人もとても好きなアニソン歌手だったので高まりに偽りはありませんでした。

 

f:id:j_ktwr:20170307013735j:image

 

セットリスト

  1. Inner Urge/上坂すみれ

  2. 閻魔大王に訊いてごらん/上坂すみれ

  3. ♡をつければかわいかろう/上坂すみれ

  4. 恋する図形(cubic futurismo) /上坂すみれ

  5. 文豪でGO!/上坂すみれ

  6. 七つの海よりキミの海/上坂すみれ

  7. 夢のつぼみ/水瀬いのり

  8. MELODY FLAG/水瀬いのり

  9. Starry Wish/水瀬いのり

  10. Ring of Smile/水瀬いのり

  11. 春空/水瀬いのり

  12. harmony ribbon/水瀬いのり

  13. Honey♥Come!!/小倉 唯

  14. Baby Sweet Berry Love/小倉 唯

  15. Future Strike/小倉 唯

  16. Raise/小倉 唯

  17. ガーリッシュエイジ/小倉 唯

  18. ハイタッチ☆メモリー/小倉 唯

  19. STARTING NOW!/上坂すみれ×水瀬いのり

  20. Love Destiny/小倉 唯×上坂すみれ

  21. ETERNAL BLAZE/水瀬いのり×小倉 唯

  22. 経験値上昇中☆/上坂すみれ×小倉 唯×水瀬いのり

  23. ハッピー☆マテリアル/上坂すみれ×小倉 唯×水瀬いのり

やはりキンスパ。

盛り上がるセットリストに作り込まれていて系譜を感じます。

トークがうまくコール曲が盛り上がるすみぺで始まり、しっとりアツい曲のいのりん、そして圧倒的唯ちゃん。

すみぺ曲は予習とか全然していなくてどうなるのかなと思っていましたがちゃんと知っている曲が来てくれて嬉しかったです。

気になった曲

「Inner Urge」と「七つの海よりキミの海」の盛り上がり曲っぷりが良い!

現場経験無くても叫べるの楽しい。

いのりんの曲は全部買ってヘビロテしてましたがやっぱりどれもいい曲ですごく好き。

新曲の「春空」も良い曲だった。

そして最後の「harmony ribbon」。

いのりんの最後でこれが来るのはわかりきってて、そしてすごくやりたかった曲なのですがやはり来てくれて嬉しかった…!

その盛り上がった流れで唯ちゃんの「Honey Come!!」。

この流れでハニカムはずるすぎ。

この後の曲も唯ちゃんにライブで歌って欲しい曲を6曲選んでって言われたら絶対この曲選ぶような曲しかなくてもう最高です。

締めが「ハイタッチ☆メモリー」なのもわかってる!

コラボ曲に入る前のバンド紹介の時点で何やら聞いたことのある流れが入ってて予想通りの「STARTING NOW!」が来てこれはアガらないわけない!

コラボ曲も考えつくされていて流石キングレコード!と思いました。

3人のファン層から考えると知らないんじゃないか?と思うような曲もありましたが自分は楽しめました。

 f:id:j_ktwr:20170307013746j:image

 

まとめ

前回のキンスパの興奮には及びませんがそれに準じる高まりがありました。

3人とも好きだったしもっと好きになりました。

3人だけのライブなのに生演奏付きだったのも凄い。

次の「KING SUPER LIVE」を期待しながらCD買い支えて待とうと思いますw

 

 

 

【豊作すぎ】面白い2017年冬アニメ紹介

近年まれに見る豊作具合です!

見る作品が多いとどうしても単調な作品の視聴を諦めたりするのですが今季はそれがあまりなく面白い作品ばかりで楽しく見てます。

それではいってみましょう!

 

うらら迷路帖

f:id:j_ktwr:20170222005802j:plain

日常系萌えアニメはもう食べ飽きたんだよな…と思っていましたがTwitterで流れてきた千矢のおなかの画像の誘惑に負けてうっかり見てしまったらやられました。

これは神アニメ。

作り込まれた世界観、先の展開を予感させる設定、キャラクターのかわいさ、声優のはまり役っぷり。

そしてなんといってもオープニングテーマ「夢路らびりんす」の異常な中毒性…!

何も言いません。

オープニングだけでも見て頂ければいつの間にかこのアニメにハマっていることでしょう。 

 

セイレン

f:id:j_ktwr:20170222010115j:plain

俺達の青春輝日東高校が帰ってきた~!

アマガミの9年後が舞台の後継作品です。

こういう時系列で過去作との繋がりを出すのはファンにとってはたまりません。

 アマガミと同じ夢オチ演出で4話ごとにヒロインを攻略していくこのストーリー構成には実家に帰ってきたかのような安心感すらあります。

 

AKIBA'S TRIP -THE ANIMATION-

f:id:j_ktwr:20170222010234j:plain

オタクの聖地秋葉原をテーマにしたありそうでなかったアニメ!

秋葉原が好きなのでこのアニメは放送前から楽しみにしていました。

AKIBA'S TRIPと銘打ってはいますが原作ゲームとはキャラクターもストーリーも全く異なりほぼオリジナルのアニメーションです。

毎話違うアキバ系趣味のテーマにクローズアップしつつその中で悪の組織と戦う王道展開。

アイドル、自作PC、オーディオ、カードゲームなど自分も馴染み深いテーマが多く放送前から期待していた内容でディープなオタク程このアニメが楽しめるはず!

あとエンディングテーマは毎回違うアーティストがオリジナル曲を歌っていてそれも視聴モチベに繋がります。

アニソン好きなのでこれがたまりません!!

今季イチオシです!

 

亜人ちゃんは語りたい

f:id:j_ktwr:20170222010430j:plain

デミちゃんです。

低確率で亜人が生まれるという世界で亜人がどう生活していくのかという話で、生物学教師の高橋先生がデミちゃんたちの悩みを解決したり語ったりします。

デミちゃんたちが悩んでいるのは友人関係であることが多く、高橋先生は学校に3人しかいないデミ達を近づけさせて結束させようと試みたり奮闘。

亜人ちゃんが語りたい訳ではなくどちらかと言うと亜人について興味がある高橋先生が語りたいっぽいですが亜人の特徴について一般人の目線に立って調べていくのが面白いです。

 

けものフレンズ

f:id:j_ktwr:20170222010640j:plain

「君は◯◯のできるフレンズなんだね!すごーい!」というワードがTwitterで爆発的に流行り大注目されて話題になったアニメ。

自分が何者なのか思い出せない状態で「ジャパリパーク」に来てしまったヒトの主人公「かばん」とサーバルキャットのフレンズ「サーバル」がジャパリパークを冒険する話。

キャラクターデザインのかわいさや挙動の作り込みも去ることながら、どうして動物たちがフレンズ(擬人化された姿)になってしまったのかや、ジャパリパークに残る文明の跡、案内人ラッキービースト、謎の生命体セルリアン等考察の余地があり惹きつけられました。

たのしーオープニングテーマ曲は必聴です!

 

小林さんちのメイドラゴン

f:id:j_ktwr:20170222010752j:plain

京都アニメーションがこんなアニメ作るんだ~という感想を抱いた人が多そう。

複数連載を平行してこなし独特の世界観を生み出しているクール教信者先生の3つ目のアニメ化作品です。

クール教信者先生のアニメ化作品は2作ともショートアニメで物足りなさと余韻が同居していてある意味スルメ的な感じだったのですが満を持してあの京アニがフル尺で制作。

異世界のドラゴン達が小林さんを始めとした人間とかけあうという話で、ドラゴン達の非常識な行動が笑いを呼びます。

圧倒的な作画の安定度で、キャラ萌えアニメにこそ上質な作画が必要とされているのではないかとしみじみ思います。

 

One Room

f:id:j_ktwr:20170222010905j:plain

イラストレーターであるカントク先生がキャラクターデザインを務めるショートアニメ。

カントク先生といえば緻密な情景描写が特徴で1枚のイラストとってもその裏にストーリー性を汲み取れてしまうような神イラストを描くイラストレーターなのですが、このアニメはその思わず想像してしまうようなストーリーをそのままアニメ化した作品なのです。

カントク先生の特徴を減衰させずに映像化されていて思わず「これだ!」と言ってしまうような作品でショートアニメながらすごく好きな作品です。

 

 

まとめ

紹介してきた作品を見たらなんだか萌えアニメしかないですね…w

でも、本当にいい作品ばかりでどれをとってもストーリーとキャラクターと音楽が良く楽しめる作品です!

さて、現時点で判明している春アニメで注目している作品。

続き物では、こだわりがすごかった「冴えカノ」、かなり流行った「進撃の巨人」、どんな話なのか気になる「ダンまち外伝ソードオラトリア」

原作付きでは俺妹コンビの「エロマンガ先生」、4コマ系「ひなこのーと」、予告見て期待できた「サクラダリセット」

あたりが視聴してみようと思っている作品です。

来季もそこそこ期待できそうなので今から楽しみです。

 

 

秋はこちら

blue-method.hatenablog.com