ブルーメソッド

PCガジェット、ゲーム、アニメ、イベント、クレジットカード等好きなものについて書きます。

ブルーメソッド

コミケ、ガジェット、決済について好き放題書いてます

Gear S2 Classic徹底レビュー 現時点最強のスマートウォッチ!

以前より初代円形ディスプレイ搭載スマートウォッチとして名高いmoto360を使っていて特に不便とは思っていなかったのですが、店頭でGear S2を見る機会があり、触ってみるとあまりの合理的操作性に感動してしまってちょっと欲しいなと思ってしまっていました。

なにせ定価5万もする代物、本来であれば買うつもりは無かったのですが何の定めか、偶然にもGear S2 classicを安く譲り受けることができたので使ってみることにしました!

やはりこのGalaxyがこいつを引き寄せてしまったのか…

内容物

f:id:j_ktwr:20160303030144j:plain f:id:j_ktwr:20160303030512j:plain

f:id:j_ktwr:20160303030453j:plain

交換用の短いベルトと充電台、説明書。

充電台はmicroUSB端子を挿して使うようになっていますが充電ケーブルは付属しないので別途用意が必要。

f:id:j_ktwr:20160429014709j:plain

少し重みがあり滑り止め付き、マグネット式なので非常に使いやすいです。

充電できているかをインジケータで確認することができるのは流石。

充電方式はもちろん無接点充電で、qi準拠のmoto360の充電台でも一応充電が可能でしたが、Panasonicのコイル移動式充電台や、qi対応モバイルバッテリーでは充電できなかったので厳密にはqiではないようです。

今回はClassicですが、専用ベルトのGear S2もあるみたいですね。

そちらのほうが値段は若干安いようですがデザイン性で劣るので個人的にはこっちで良かったと思っています。

 

f:id:j_ktwr:20160303030702j:plain

moto360と比較。

一回り小さなサイズ感です。

正直言ってmoto360は大きく重かったのでこのサイズは良いです。

 実物は画像で見た時のゴツさが無くコンパクトさが際立ちます。


f:id:j_ktwr:20160427150042j:image

操作はベゼルを回して画面遷移、右側面上が戻るボタン、右側面下がホームボタンになっています。


f:id:j_ktwr:20160428211107j:image

ホームボタンは2回押すとショートカットに登録してあるアプリを、3回押すとアプリ一覧を起動できます。

 

f:id:j_ktwr:20160428211119j:image

長押しで電源メニューも呼び出せます。

 

f:id:j_ktwr:20160428211529j:image

通常時画面は消灯されており、手をクイッとすると点灯する仕組み。

moto360よりも精度は高い模様でストレスが少ないです。

腕時計としての役割はきっちり果たしています。

こちらはデフォルトのウォッチフェイスですがかっこよく、電池と歩数、今日の日付が一画面で確認可能と機能性バツグンです。

なお黄色い点は未読通知があることを示しています。


f:id:j_ktwr:20160428211642j:image

上からスライドすることで接続状況の確認と電池、輝度調整、音楽へのショートカットが出ます。

 

機能は大きく分けると3つあります。

・通知

 通知が来ると振動してパッと出ます。

通常時はメイン画面から左に回すと通知を確認可能。

f:id:j_ktwr:20160429012534j:plain

ドットインジケータが出るのでいくつ通知が来ているかも直感的に把握できます。

f:id:j_ktwr:20160428183409j:plain

メールアプリは中身をすべて確認できるのが便利です。

絶賛求職中(笑)

数字をタッチすることで未読メールを確認可能。

 

・アプリ

インストールしたアプリを利用することが可能。

ここから電話や電卓等様々な機能も利用することができます。

電話アプリは履歴から発信が可能。

アラームアプリは音は出ませんが振動で起こしてくれます。

マイクが付いているのでなにか思いついた時に音声メモで残したりすることも可能。

Galaxy Appsというマーケットから開発者のアプリを追加することも可能です。

 

f:id:j_ktwr:20160429010906j:plainf:id:j_ktwr:20160429010904j:plain

電卓と曲送りがちょっと便利です。

ジャケット出るとテンション上がりますな。

 

・ウィジェット

通知と反対の右方向にベゼルを回すとすぐさまアクセスできる簡易アプリのようなもの。

f:id:j_ktwr:20160429011924j:plain

これが他のスマートウォッチにはない、Gear S2の真骨頂です!

タッチ操作オンリーではありますが天気やカレンダー、音楽、歩数から心拍数までウィジェットに対応したアプリをすぐ呼び出して確認できます。

いくつでも好きな順番で配置しておき使えるのでそれなりに便利です。

 

f:id:j_ktwr:20160429011947j:plainf:id:j_ktwr:20160429011959j:plainf:id:j_ktwr:20160429012001j:plain

いろいろあります。

 

総評

tizen OSベースの独自カスタマイズがされているようで操作感はサクサク、電池持ちは非常に良いです。

1日経って10%しか減っていないことすらありました。

通知が10件を超えるとちょっと重くなってしまいますが適宜消すのでそんなに問題なし。

お気に入りポイントはやはり重量の軽さと、ベゼルを回す軽快さ、電池持ちの良さです。

ここまでストレスが無くなって初めてスマートウォッチの便利さを実感できるレベルだと思います。

正直試して遊んだらすぐに売る予定でしたがもう泥Wearには戻れません(笑)。

欲を言えばアプリがもっと欲しいってことくらいです。

やはりAndroid Wearとは異なりますのでYahoo!乗り換え等の便利なアプリが利用できないのは残念な点でした。

今までよりかなり快適なウォッチライフを過ごせるようになったので、これなら4万出す価値はあると思いました。

現状ではAndroidのみ対応ですが、2016年中に iPhoneと接続できるようになるという発表が出ているのでiPhoneユーザーでも期待していて良いと思います!

Apple Watchはまだ触ったことすらないのですが値下げもされましたしここまで来たらぜひとも比較したいと思っています。